topimage

2017-08

最初が肝心!両家親への挨拶の心構えpart3 - 2013.02.05 Tue

皆さまこんにちは
昨日は立春。暦の上では春となりました。
そろそろ九州の方から梅の開花が始まりますね。
早く、春の息吹を感じたいと思う今日この頃です

3回に渡ってお届けする「両家親への挨拶の心構え」も
いよいよ最終回
今回は「押さえておきたいマナーは?」についてです

前回、身だしなみと服装についてお話しましたが
他にも押さえておきたいマナーがあるのです


その1【挨拶に行くときには手みやげを持参しましょう】
金額は3000~5000円が適切。
あまり高価すぎるとかえって相手に負担をかけてしまいます。
お菓子や旬の果物、お酒などの飲食物などが好ましいでしょう
事前に先方の好みをリサーチしそれに沿ったものを準備すれば
バッチリです。


その2【事前に相手の親の情報を知っておきましょう】
訪問した際、話題に困らないようある程度情報を
知っておくことも大切です。例えばこのようなこと...
①名前、②年齢、③職業、④出身地、⑤食べ物の好み、
⑥趣味 、⑦性格、⑧好ましい話題
など事前リサーチして臨みましょう


その3【親に聞かれそうな質問に対しての答えを考えておきましょう】
親に結婚後のプランを聞かれることも想定されます 。
聞かれたときにスムーズに答えられるよう質問内容を
想定して自分なりの答えを用意しておきましょう
<聞かれそうな質問>
①将来設計についてどう考えているのか
②同居する気持ちはあるか
③どこに住むのか
④共働きするのか
⑤相手の親は結婚には賛成しているのか


その4【本題に入るときのタイミングや切り出し方に注意しましょう】
男性宅でも女性宅でも、男性から切り出すのがマナーです。
いきなり本題に入るのではなく、自己紹介や2人がつきあった
いきさつなどを話し、相手の親にも質問し、場がほぐれた
ところで本題に入りましょう

テレビドラマのワンシーンのような
「お嬢さんをください」というフレーズは、
交際相手をモノ扱いしているニュアンスがあるので避けましょう。
「○○さんとの結婚をお許しいただけませんでしょうか」など
相手の親を尊重しながら、自分の意志もはっきり伝わる
言いまわしを用意しておいて下さい。


これから両家親への挨拶を予定されている皆さま
少しはお役に立ちましたでしょうか
あとは、おふたりがお互いを大切に想っている
気持ちがしっかり伝わるように、誠意と熱意をもって
臨みましょう


HFMブライダルプラザはそんなおふたりを応援しています
何かお困りのことがあれば、いつでもお問い合わせ下さいませ


HFMブライダルプラザのサイトはこちら
スポンサーサイト

結婚の証・指輪のおはなし «  | BLOG TOP |  » 最初が肝心!両家親への挨拶の心構えpart2

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (30)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (23)
ウエディングアイテム (80)
ハネムーン (14)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (43)
挙式レポート (9)
プライベート (26)
その他 (144)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR