topimage

2017-05

日本の世界自然遺産どうでしょう。 - 2016.02.10 Wed

みなさま、こんにちは

暦の上では春ですが、寒い日が続きますね
インフルエンザも流行しているということですので
どうぞ、お身体ご自愛くださいませ

さて、今回は日本の世界遺産についておはなしします。
『世界遺産』というワードはよく耳にしますが・・・。
世界遺産とはユネスコが定める、世界遺産条約で定義されています。
そして、3つのカテゴリーに分類されます。

文化遺産
記念物、建造物群、遺跡、文化的景観など。

自然遺産
地形や地質、生態系、絶滅のおそれのある動植物の生息・生育地など。

複合遺産
文化遺産と自然遺産の両方の価値を兼ね備えているもの。

このうち、2013年に認定された、富士山は『文化遺産』になり、
自然遺産じゃないんだと思ったのを覚えています。
日本の世界遺産は全部で19個あります。
今回は、その中でも自然遺産に注目してみますね。

さて、ここで問題です
日本には、世界自然遺産はいったいいくつあるでしょう

 
 
 


正解は4つです。
以外と少ないんだ・・・が私の正直な感想です。
では、どこが認定されているのでしょうか


まずは、北海道知床(2005年認定)

shiretokotym.jpg

siretokogoko.jpg

北半球では、最も南側で流氷が観測される地域です。
その流氷や海流に影響を受けた、極めて生産性の高い海洋生態系と、
手付かずの原生林が支える陸上の生態系とが作用し、
多数の生物が生息しています。
ヒグマやエゾシカといった陸上動物や、シマフクロウやシレトコスミレといった
絶滅危険種・固有種の生息地となっています。
中でも、知床五湖の四季折々の景色は、圧巻です。


次に青森県・秋田県をまたぐ白神山地(1993年認定)

shirakami.jpg

sirakamitaki.jpg


白神山地の特徴は、人の手が及んでいない、原生的なブナ天然林が
東アジア最大級の規模で分布していることにあります。
特に世界遺産地域は、最も良く原生状態が保たれており、
その価値は、地球的に見ても極めて重要であると評価されています。


そして東京都小笠原諸島(2011年認定)

1001.jpg

EBL11-64368A.jpg

ogasawara08.jpg


小笠原諸島は、440以上の様々な植物種が存在します。
また、カタツムリについては100種類以上の小笠原諸島特有の
固有種が存在する、世界遺産として価値の高いエリアになっています。
小笠原諸島は、一度も大陸と陸続きになったことがない海洋島で、
今なお続く生態系の進化過程を観察することができます。


最後に鹿児島県屋久島(1993年認定)

wilson1280.jpg

thumb5.jpg

img_0_2016020911501666a.jpg

およそ1900種の植物、16種類の哺乳類、150種類の鳥類が生息しています。
スギの景観、樹齢1000年を超える「屋久杉」と呼ばれる木々からなる
原生林を含んだ、豊かな生物学的多様性を示しています。
『もののけ姫』の舞台のモデルになったとも言われ、とても神秘的な
パワースポットとしても人気を集めています。

以上、日本の世界自然遺産をご紹介しましたが、
日本にも、まだまだ海外に負けない、非日常感が味わえる
エリアがたくさんあります。
国内ハネムーンをお考えの方は、世界遺産をめぐる旅など
検討されてみられてはいかがでしょうか

HFMブライダルプラザのサイトはこちら
スポンサーサイト

結納について «  | BLOG TOP |  » バレンタイン

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (30)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (26)
ウエディングアイテム (86)
ハネムーン (16)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (42)
挙式レポート (9)
プライベート (25)
その他 (136)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR