topimage

2017-08

こんなに違う!?海外での常識・非常識~ハワイ編~ - 2015.08.14 Fri

皆さま、こんにちは
お盆休みを満喫されていますか
あいにく雨の日などがありましたが、せっかくのお休み存分に楽しんでくださいね

さて、お盆休みは海外旅行に行かれる方も多いと思います。
海外旅行の際、日本では当たり前だと思っていたことが
実はその国ではマナー違反になって困った経験などありませんか。

今回はそんな海外の常識・非常識についてを3回にわたってお話していきます。
第1回目はみんな大好きハワイ編です

日本語が通じ、治安も良いということで根強い人気のハワイ。
そうは言っても日本と同じ感覚で旅行していると、手痛い目に遭うことも。



【治安】
日本の犯罪発生率と比較すると、
殺人事件で1.9倍、強姦事件で約20.6倍、強盗事件で約28.2倍
極めて高い発生率なのです。

特に、日中と夜とで同じ場所でも人通りが少なくなり雰囲気も一変するようです。
ネット上でも言われている、特に注意するエリアはこの3つ

クヒオビーチパーク周辺
深夜のクヒオ通り
アラワイ運河のはずれ
置き引き、スリ、事件に巻き込まれるなど、夜出歩くのはNG
詳しくは外務省のホームページにある渡航情報をチェックしてみて下さい
外務省海外安全ホームページはこちら

【法律】
ハワイは日本と違い、屋外や公共の場での飲酒・喫煙が禁止されています。
開放的な気分になり、ビーチで飲酒をしていると罰せられます。
また、ハワイでは飲酒は21歳以上から。
その他、ホテル室内・レストランなど禁煙エリアが多いので喫煙の際は十分に注意して下さい
そして、横断歩道以外の道を歩行者が横断すると罰金対象になります。
車が来ていないからと、気軽に道路を横断などしないよう気をつけてください

【その他】
飲食店での二重チップ払いに注意しましょう!
もともと請求金額の中にチップ代が含まれているのに、日本人ということで
さらにチップ代を請求してくる場合があるようです。
滞在中、胃腸が弱くなりがち
ハワイでの外食が続くと油っぽい料理と膨大な量に、胃が疲れるようです。
胃腸薬や、日本食のインスタント食品などを持参する方とよいかもしれません
日焼けに注意
紫外線量が多く、日に焼けやすいです。サングラスと帽子は必須です
但し、日傘は現地ではかなり浮いて目立ってしまうので控えた方がよいかも。

そして、不測の事態に遭遇した際、
日本では救急は119番、警察は110番をコールしますが
ハワイではすべて911番です。
そして「ジャパニーズ オペレーター プリーズ!!」と言い
日本語が話せるオペレーターに代わってもらい落ち着いて
状況を伝えましょう

海外旅行に慣れているといっても、やはり日本の治安に比べると
安心とは言えないのが事実
日本語も、どこでも通じるというわけではありません。
大切なハネムーン中、トラブルを極力避けるためには、
旅行代理店のパッケージツアーを利用される方が
安心・安全かもしれませんね!

HFMブライダルプラザでは、ハネムーン手配のために
お得な割引がつく旅行代理店のご紹介をしています
ご興味のある方は、HFMブライダルプラザまで
ご来店くださいませ

HFMブライダルプラザのサイトはこちら

スポンサーサイト

こんなに違う!?海外での常識・非常識~ヨーロッパ編~ «  | BLOG TOP |  » まだ間に合う!!年内挙式☆

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (30)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (23)
ウエディングアイテム (80)
ハネムーン (14)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (43)
挙式レポート (9)
プライベート (26)
その他 (144)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR