topimage

2017-04

結納品のおはなし - 2013.03.10 Sun

皆さま、こんにちは

すっかり温かくなってきましたね
ただ、花粉や黄砂、PM2.5という何やら
やっかいな飛来物が飛んでいるため
つらい日々をお過ごしのかたも多いのでは...

私は、幸いなことにまだ花粉症デビューしておりません
健やかな毎日をすごしておりますが
花粉症、鼻炎アレルギーの方々はどうぞご自愛くださいませ


さて、今回は「結納品について」をお話したいと思います。


結納とは、かなり地域性が出てきます。
関東と関西、九州でも全然違ってくるのです。


今回は基本の5品といわれる品物とその意味をおはなしします。

結納5品


【①御帯料(おんおびりょう)・松飾り】
御帯料は結納金のことです。帯を結ぶことは
夫婦や家族、親族が末永く結ばれるという
願いが込められています

御帯料は松飾りの下に置きます。

【②家内喜多留(やなぎだる)・竹飾り】
お酒を入れる柳の樽のこと。「家の中に
慶び事が集まり留まるように」という意味があります

酒代として1~3万円包み、竹飾りの下に置きます。

【③松魚料(まつうおりょう)・梅飾り】
鰹節で「勝ち魚」と考えられおめでたい儀式に
用いられる魚で酒肴料として1~3万包み

梅飾りの下に置きます。

【④長熨斗(ながのし)・鶴飾り】
「のしあわび」のことで干したあわびをのすと
長く伸びることから「末永く」「長寿」の願いが
込められています
。鶴飾りの下に置きます。

【⑤寿恵広(すえひろ)・亀飾り】
慶びが「末広がりに繁栄するように」という
願いを込めた おめでたい白扇
のこと。
亀飾りの下に置きます。


上記、基本の5品から広島は7品・9品と増やして
いく文化です。


HFMブライダルプラザには実際の結納飾りを展示しています。
気になられるかたは、ぜひ見にいらして下さいね

次は、7品・9品にする場合の結納品について
おはなししたいと思います

HFMブライダルプラザのサイトはこちら

スポンサーサイト

結納品のおはなしpart2 «  | BLOG TOP |  » 結納にかかる費用は?

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (29)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (26)
ウエディングアイテム (85)
ハネムーン (16)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (41)
挙式レポート (9)
プライベート (25)
その他 (134)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR