topimage

2017-06

ブライダルギフト~引出物編~part1 - 2013.02.20 Wed

皆さまこんにちは
もう、2月も残すところあと1週間あまり...
とはいえ、まだまだ寒い日が続きますね
早く温かくなってほしいと切に願う今日この頃です




さて、今回はブライダルギフト、特に引出物について
お話したいと思います

引出物というのは、結婚式で招待客に
配られる贈呈品のことです。

この引出物は、地域性やそれぞれの家の
しきたり、想いが反映されるので、大変配慮を要する
アイテム
なのです。

今回は、地域によってこんな特色が出るものだと
いうことにクローズアップしたいと思います。
特に色濃い特色がある地域をピックアップしました


まず、
北海道・東北地方】
この地域は、会費制が主流ですので300人近くの
大きい披露宴になります。
1000~2000円位の食器・タオル・お菓子などを
贈ることが多いそう。


【秋田県・山形県】
この地域は寝具を用意することがあるそう。
そのため結婚式の数日前までに引出物だけを
届ける
風習のようです。


【新潟県】
全国でもダントツ引出物の品数が多いのが特徴
記念品・引菓子・果物・赤飯・松の葉(新郎新婦の名前を
記入したペアグラスやタオルなどで名刺がわりとなるもの)
以上、5品を揃えるのが一般的です。
これをひとりひとりに用意します。


【富山県】
この地域は巨大な鯛や鶴などをかたどった
細工かまぼこが主役となります。
大きければ大きいほどよしとされます。
最近は2kg程度が多いそうですが
最盛期は10kgの場合もあったとか...
すごいですね


【東海地方】
この地域は嫁入り・婚礼が派手な地域で有名ですね
引出物も大きくかさばるもので、なおかつ重いものが
好まれます。
また「名披露目(なびろめ)」といわれる
2人の名前を書いて贈る
ものも添えます。


【関西地方】
最近はかなり簡略化されていますが
滋賀県のとあるエリアでは生鯛をつけ
2万円前後かける場合もあるとか。
兵庫県淡路島では、紅白の「お嫁入りまんじゅう」を
つける
のが一般的です。


そしてわたしたちの
【中国地方】
広島は記念品と引菓子に加え、
重ね折り詰め(最近は少なくなりましたが)
もしくは新婦おみやげとして、
新婦の名前を記して 和菓子などをつける
ことが
多いです。 3品が主流となっています。


【四国地方】
香川県や愛媛県の一部では
米菓子の「おいり」が欠かせない
よう。
「心を丸く持ってまめまめしく働きます」という
意味が込められているようです。


このように、地域によって引出物もずいぶん
特色が出るものです
最近では、地域色が薄れ、引出物も全国的に
似通った内容になってきてはいます。

しかし、もし結婚相手の出身地が上記エリアの場合は
こういったものを用意しないといけないという声が
出てくるかもしれない
とある程度、
予測しておいたほうがよいかもですね

HFMブライダルプラザに来られるカップルも
新郎新婦どちらかが県外出身という場合が多いです。

地域性も理解した上で、準備を進めなければ
ならないので、大変なこともあるようです。

しかし、HFMブライダルではそれを踏まえて
おふたりにとってのよりよいカタチ、解決法を
探っていきますので、お困りのことがあれば
何でもご相談くださいね


HFMブライダルプラザのサイトはこちら

スポンサーサイト

ブライダルギフト~引出物編~part2 «  | BLOG TOP |  » 結婚の証・指輪のはなしpart3

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (30)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (23)
ウエディングアイテム (80)
ハネムーン (14)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (42)
挙式レポート (9)
プライベート (26)
その他 (137)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR