topimage

2017-11

世界のクリスマスケーキ - 2013.12.25 Wed

みなさまこんにちは
そしてメリークリスマスです


さっそくですが、このクリスマス、みなさまケーキは食べられましたか?



日本のクリスマスでは普通のホールケーキが主流ですが、
実はホールケーキを用意するのは日本のみなんだそうです
世界の、特にヨーロッパ方面ではクリスマスのためのお菓子があり、
年に1度のクリスマスをお祝いするのが慣わしとのこと

そんなわけで、今回はブライダルブログはお休みして
世界のクリスマス菓子についてご紹介いたします

フランス/ブッシュ・ド・ノエル
日本でもクリスマスのケーキとして人気のブッシュ・ド・ノエル。
ブッシュは木や切株、ノエルはクリスマスを意味します
ロールケーキにクリームで木目調のデコレーションをしたこのケーキ
この形の由来は諸説あります。
貧しい青年がクリスマスプレゼントを買えず、恋人に薪を贈ったから
樫の薪を暖炉に燃やすと無病息災で暮らせるという北欧神話からというのが有名です




ドイツ/シュトーレン
シュトーレンとは、発酵した生地にドライフルーツやナッツ類を加え、
雪のような粉糖をたっぷりとまぶして焼き上げたお菓子のこと。
このシュトーレンはクリスマス当日に食べるお菓子ではなく、
クリスマスの4週間前の日曜日からクリスマス前夜に向けて
日曜日毎に少しずつ食べて、家族でクリスマスを迎えます




イギリス/クリスマスプディング
ブランデーに付け込んだドライフルーツをメインに、
ナッツやスパイスなどを混ぜ込み蒸したお菓子。
熟成させるほどおいしくなるので、クリスマスの半年前から準備をする家庭もあるそう
また、結婚式でも人気の演出、フランベ(ブランデーを振り掛け火をつける演出)も楽しめます




フィンランド/ヨウルトルットゥ
ヨウルトルットゥとは「クリスマス・パイ」という意味。
パイ生地にジャムなどを乗せて、星の形にしたパイ菓子です
クリスマスツリーのてっぺんにある星をイメージしたかわいらしいお菓子ですね




他にもイタリアやオーストリアにも伝統のお菓子があります
また、アメリカではケーキではなくクッキーを用意するのが一般的
たしかにアメリカのツリーにはジンジャークッキーの飾りがあるイメージですよね


いつもの見慣れたホールケーキも素敵ですが、
たまには違うお菓子で迎えるクリスマスも良いのではないでしょうか


次回はまたブライダルの内容をお伝えしますね
お楽しみに


HFMブライダルプラザのサイトはこちら


スポンサーサイト

1月のキャンペーン情報♪ «  | BLOG TOP |  » 親への挨拶!女性の心構え

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (30)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (23)
ウエディングアイテム (80)
ハネムーン (14)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (45)
挙式レポート (9)
プライベート (26)
その他 (150)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR