topimage

2013-01

最初が肝心!両家親への挨拶の心構えpart1 - 2013.01.30 Wed

皆さまこんにちは
先日の大寒波で広島も積雪し
交通機関も大混乱でしたね

忙しい月曜日の朝、会社に間に合うかどうか
そわそわしながら出勤されたかたも多かったのでは...

私は休日だったのですが、出勤スタッフは
交通機関の大混乱を見込んで早めに自宅を出て
何とか遅れずに店を開けることができたようです
不測の事態の備えは、とっても大切ですね


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


さて、今回より3部構成でお届けするのは「両家親への挨拶について」です

両家親への挨拶をこれから予定されているカップルから
このような質問をよく受けます

Q.新郎家と新婦家どちらから訪問すればいいの?
Q.どのような服装で訪問するの?
Q.押さえておきたいマナーなどあるの?


いざ、その時を迎えたときにあれ?どうするんだろう??
と考えてしまったようです
相手の親への第一印象に関わる大切なことなので
きちんと礼儀やマナーを知っておきたいものです

今回は「新郎家と新婦家どちらから訪問すればいいの?」についてです

まずは男性が女性の家に出向いて挨拶するのが一般的です
これは、昔男性が女性と結婚したいと思ったら
まず女性の親に申し入れに行っていた習慣の名残だそうです

最近は、実家が遠方にあるとか、仕事の都合がつかないなど
やむを得ない場合は女性が先に男性の親に挨拶に行くこともあります

ただ、注意したいことは新郎家・新婦家どちらかへ訪問したら
あまり日にちを空けずに相手の家へ訪問する
ということです

「うちの子は早々に挨拶に行ったのに、まだ来てくれないのかしら?」

相手の親にこのような不安な想いや心配をさせてしまわないよう、
事前に親の予定を伺ってそれぞれの訪問日を設定して臨む方がよいでしょう
その際には両家親の都合を最優先に考えて設定しましょう

肝心なのは、おふたりを大切に育ててくれた親に対して
敬意の気持ちをもって、自分達でどんどん進めてしまわず
必ず双方の親にお伺いを立てながらきちんと手順を踏んで
進める
ということです

今後進めていく結婚準備をスムーズに行うためには
最初が肝心!しっかりと気を配っていきましょう

次回は、「どのような服装で訪問すればいいの?」についての
お話ですお楽しみに

HFMブライダルプラザのサイトはこちら

スポンサーサイト

結婚準備の虎の巻 - 2013.01.27 Sun

今年の冬は寒いですね
寒波が日本列島を襲ってきており
雪もちらつく今日この頃
皆さまおでかけの際には防寒の備えを
万全におこなってくださいね


.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

さて、突然ですがここで問題です
HFMブライダルプラザに来店されるお客様の
一番多い質問・疑問って何だと思いますか


正解は、
「結婚が決まったけど何からはじめたらいいの?」
「結婚式に向けての段取りが分からない」です
皆さまもそのような疑問をお持ちではないでしょうか


HFMブライダルプラザでは、そんな皆さまの声に
お応えするべく、あるアイテムを作成しました


その名も「みるみるススム」!!


「みるみるススム」?何それ??って思われたアナタ!
それが私たちの狙いです
結婚準備がみるみる進む、はかどるというところから
スタッフ全員で知恵を絞って考えた渾身のネーミング

どのようなものかといいますと
どの進行段階のかたでも、そこに合わせて
ステップを組んでいき、次にするべきこと
結婚式までの流れがすべて把握できるという、
とっても便利な結婚準備スケジュールブック
なんです


IMG_2502.jpg



「両家の親への挨拶がまだというかた」
「式場探しの段階のかた」
「もう式場は決まったけど準備が心配というかた」
来店された時の状況は、ひとそれぞれ違いますし
段階ごとに発生する疑問も違うものです

ステージ1 結婚式のプランニング
ステージ2 式場探し
ステージ3 式場決定から挙式3ヶ月前にすること
ステージ4 挙式3ヶ月前から挙式当日までにすること
付録    結婚式・ハネムーン後にすること


このようなステージを設定し進行状況にあわせて、
HFMブライダルプラザのカウンセラーが、
無理なく効率的なスケジュール
おふたりと一緒に組み立てていきます

また、大事なことを自由に書き込めるメモ欄もたくさん設けているので
気になることや確認が必要なことをしっかり書き留めておけば
あとで振り返ったときに、「あんなことあったね、こんなこともあったね」と
当時を振り返れる、おふたりオリジナルのメモリアルにもなるという逸品です

さらに、意外と忘れがちな結婚式後にしなければならないことも
盛り込んでいるので、おふたりの「結婚」という一大イベントを
トータルでサポートできてしまうのです

お客様にも大変ご好評を頂いているこの「みるみるススム」は
広島FM「Over the Rainbow」番組内のワンビィレポートでも紹介されました

ただいま、ご来店頂いた方全員に「みるみるススム」をプレゼント中
ぜひこの機会にHFMブライダルプラザへご来店くださいませ


HFMブライダルプラザのサイトはこちら


寿(ことぶき)切手ってどんなもの? - 2013.01.24 Thu

1月もあと1週間あまりですね
ついこの間元旦を迎え、神社に初詣に行き一年の計を
立ててから、はやもう1ヶ月が経とうとしています...

「1月は『いく』、2月は『にげる』、3月は『さる』」
昔から言われている、1~3月の時の流れの速さを表す、
この語呂合わせはよく言ったもので、まさしくその通りですね
一日一日大切に過ごしたいものです


さて、今回は招待状を出す時に必要になる
「特別な切手」についてのお話です

皆さま、結婚式の招待状には特別な切手を
用いることをご存じでしたか
結婚式のご招待を受け、実際に招待状を頂いたかたならば
目にされたことがあるかもしれませんね

特別な切手の正体は「慶事用切手」、
通称「寿(ことぶき)切手」
といいます
お祝いごとや慶びごとなど、
おめでたい内容の郵便に使用する
切手です

全国どこの郵便局でも購入できるのですが
招待状の重さによって、80円・90円のものと種類が
変わってきますので、きちんと重さを確認してご購入下さい

また招待状の封筒に同封する、出欠確認ハガキにも
幸せあふれるデザインの50円の寿切手を貼ります。

私たちも、お客様に耳より情報のお知らせやお便りを書くときには
ちょっとめずらしいかわいい記念切手を貼っています
お客様から喜んでもらえたときにはとっても嬉しい気持ちになります

めずらしい、貼ってあるとハッピーな気分になるような
切手選びも私たちの楽しみのひとつなのです

このように些細なことですが、お客様に少しでも
喜んでもらえるようなサービスを目指して
HFMブライダルプラザのブライダルカウンセラー達は
日々仕事しています

そんなHFMブライダルプラザへぜひご来店下さいませ



HFMブライダルプラザのサイトはこちら

招待状は結婚式のイントロ~投函・返信期日はいつにする~ - 2013.01.21 Mon

毎日寒い寒い日が続いています
世間ではインフルエンザやノロウィルスが
猛威をふるっていますね
皆さま、体調管理は万全におこなって下さいね!

私、唯一の自慢は小学校1年生で罹って以来、
インフルエンザとは全く縁がないのです
ただし、罹ってしまった時はとっても楽しみにしていた
全校挙げてのイベント『音楽発表会』でして、
他のみんなにも迷惑をかけてしまいました

それ以来、悔しくて絶対に罹るものかと誓ってウン十年・・・。
未だ記録更新中です
人間、強く念じることって大切ですね(笑)


さて、今回は招待状の投函する時期と結婚式の出欠の返信期日設定
についてのお話です

招待状のデザインや文面が決まったら、いつ投函しいつまでに
出欠の返信をしてもらうかを設定しなければなりません
具体的にどのように設定されているかご存じですか?


ポイントはいずれも、吉日で設定するということです


投函する日は、結婚式の2ヶ月前の吉日とします
例えば、おふたりの結婚式が2013年6月15日だとします
そうすると2ヶ月遡って4月15日頃の大安・友引の日に投函するのです
(2013年4月12日大安、4月15日友引辺りが良いですね!)

列席者の出欠の返信期日の設定は、結婚式の1ヶ月前の吉日
上を例にしますと5月15日頃の大安・友引の日に設定します
(2013年5月11日大安、5月14日友引辺りが良いですね!)
そして招待状にも『誠に勝手ながら○月○日までにご返事いただければ
幸いに存じます』
といった内容を記載しておきます


お祝いごとに関することは、なんでも験を担ぐ意味で
吉日に執りおこなうのがよいということなのでしょう


六輝が表記されたカレンダーをお持ちでない場合は
HFMブライダルプラザにお渡しできるツールを
用意しておりますので、どうぞお気軽にお立寄り下さいませ


結婚準備は、はじめてづくしで分からないことだらけ...
こんなこと聞いていいのかなということでも、まずはご相談下さいね
今まで気づかなかった新しい発見があるかもしれませんよ

スタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしております



HFMブライダルプラザのサイトはこちら






招待状は結婚式のイントロ~会費制パーティーの場合は~ - 2013.01.18 Fri

招待状作成中の方から、よく聞かれる質問で
「会費制パーティーの時の文面はどうなるの?」
「通常披露宴の場合と何が違うの?」
というのがあります

通常披露宴と会費制パーティーの招待状の大きな違いは
『会費制パーティーの場合、金額について...
いわゆる会費が明記されている』
ということです。

会費制パーティーでは、「会費○○○円」と明記するため
基本は親しい友人を中心とした発起人を立てて、
失礼がないように、その発起人が
「新郎新婦の門出を祝う会を催しましょう」
ということで執りおこなう
ものなのです

なかには本人が主催となり、結婚のご挨拶を兼ねて
披露パーティーを催したいのでということもありますので
限りではありません

前回もお話した差出人(主催)を誰にするのかで
内容も変わってきますので、気になるかたは
HFMブライダルプラザに用意しているサンプル事例集で
ご確認頂けます

会費制パーティー招待状事例集のサンプルはこちら


このように、結婚披露宴のスタイルによっても招待状に
書く内容が大きく違ってくるのが興味深いですね!

しかしながら、タイトルにある通り
招待状は結婚式のイントロダクションになるので
しっかりと気を配りたいものです

HFMブライダルプラザのブライダルカウンセラーは
このように、皆さまからの結婚準備に関する
あらゆる質問にも応えられるよう、日々情報収集しています
どんな小さなことでもお困りのことがありましたら
HFMブライダルプラザへご来店下さいね


HFMブライダルプラザのサイトはこちら


招待状は結婚式のイントロ~差出人を誰にする~ - 2013.01.15 Tue

これから春先の結婚式に向けて、式場との
打合せがスタートしているかたが多い頃だと思います
今回は、一回目の打合せで行われる招待状作成に関するお話です

なんだか、むずかゆくなるタイトルですが
招待状のデザインから、また文面から、おふたりと両家の
結婚に対する姿勢や想いが表現されている・・・
招待状はまさしく結婚式のイントロダクションアイテムなのです


ところでみなさん、招待状を頂いたときに
差出人が親の場合と本人の場合があるのを
不思議に思われませんでしたか

これには理由があるんです
大きな違いは、『この結婚式は誰が主催しているか』
ということなのです。

例えば、親が主催する場合はこんなとき
①親が結婚式の費用を負担している
②新郎新婦がまだ若い
③家が自営業をしている

結婚式は両家を挙げて、今までお世話になっている方々への
「これからも息子・娘を宜しくご指導下さい」という挨拶を
兼ねてのお披露目なので、親主催にするケースがほとんどです。


本人が主催する場合はこんなとき
①新郎新婦が結婚式の費用をすべて負担している
②既に入籍済みで親から独立した家庭を築くという姿勢を見せたい
③招待客が友人や会社の同僚が中心

本人主催でも両家親の一言挨拶を文中に添えたほうがよいでしょう。


結婚式をどういうものにしたいか、双方の親のご意向もしっかりと
確認した上で差出人(主催)を誰にするか決めましょう

それによって、招待状の文面も変わってきますので
式場プランナーの方とも相談しながら作成していきましょう

招待状を自分達で手作りしたいと考えているおふたりには
HFMブライダルプラザに各パターン毎の文例集やサンプルも
取り揃えています。
気になられるかたは、ぜひお気軽にお立寄り下さいね


HFMブライダルプラザのサイトはこちら



はじめまして!! - 2013.01.15 Tue

HFMブライダルプラザです


今日からブライダルブログをはじめました。
このブログでは、皆さんからお問い合わせが多い
結婚に関するしきたり段取りブライダル情報
耳より情報を中心にお届けいたします

また、わたしたちが体験したおもしろエピソード、感動エピソードなども
盛り込んでいきたいと思います。


よろしくお願いします


HFMブライダルプラザのサイトはこちら

01.jpg


03.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

HFMブライダルプラザ

78.2MHzからきこえてくる
マル得ブライダル情報満載カウンター

シャレオ店

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

しきたり・段取り (30)
結納 (10)
式場探し (42)
演出 (23)
ウエディングアイテム (80)
ハネムーン (14)
新生活 (7)
キャンペーン・イベント情報 (45)
挙式レポート (9)
プライベート (26)
その他 (149)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR